新入社員で半年間はたらき、気がついたお金稼ぎの秘密とは?

できる新人の特徴を考える画像

「理系人間・学生時代、お金にはまったく興味がなかった私が」

「親元を離れた入社1年目で現実をつきつけられた」

「紆余曲折、わたしがとったお金から自由になる方法とは・・・」

 

できる新人の特徴 それは・・・

できる新人の特徴を持つ人への質問の画像できる新人が何を評価されたいのか投げかけている画像

今年入社1年目のあなた。できる新人と評価されたいと思ってるあなた。
本当は評価なんかより、お金が欲しいというのが本音じゃないですか?

「俺は金じゃない」

そんなことを言っている方もおられるかもしれません。

だけど、タワーマンション最上階に住んで、ポルシェにのって、週末には北海道や九州にディナーのためだけに1泊旅行をするなどしたくないですか?

私は親元を離れ自分の稼ぐお金と向き合い、その後、自分の心と正直に向き合ったとき、「できる新人になりたい」わたしは結局のところ、「お金を稼ぎたいのだ」ということに気づきました。

 

「お金を稼ぐ」とは?

できる新人にお金を稼ぐにはどうするかを問いかける画像お金を稼ぎたいけど現実はどうなのかをできる新人に問いかけてる画像

とはいえ夢は大きく持ったとしても入社1年目のわたしは社会に出たばかり、しかも理系でそもそもお金に無頓着。まったくお金の稼ぎ方を理解していませんでした。

日本の学校では、掛け算や世界大恐慌のおきた年号はならっても、お金の稼ぎ方は教えてくれませんからね。

「そうなんです。わたしはお金の稼ぎ方を知らなかった」

 

理系人間・お金に無頓着 ⇒ 180度転換 お金に執着してみた

できる新人としてお金に執着してみた画像できる新人にお金に執着してみたと投げかけた画像

わたしのような理系人間でお金に無頓着な人、結構いると思います。

「俺は金じゃない」
「仕事は楽しければいい」

これって間違いではないとおもうけど、お金に不自由だと彼女とも楽しめないし、毎日、何か欲しいとおもっても躊躇してしまいます。

「ホントは、それをすれば巡り巡って自分に返ってくるのに・・・」

そうなんです。お金がない状況では、
つい、出費を抑えてその結果自己投資すら切り詰めてしまって
ジリ貧生活になるのみなのです。

約半年間、まじめな私は
会社でできる新人だと思われたいだけで
がむしゃらに働きました。

だけど、おかげで彼女との時間は減るし、どんなに働いても給料は1年に1回しか上がらないということもあり、私の生活は変わりませんでした。

そのときに考えたことが冒頭のことです。

おれは「会社でできる新人となりたい」とおもっているけど
それは、なんなんだ?

できる新人にお金を稼ぐということを投げかけた画像

この答えが、「お金を稼ぎたいのだ」ということでした。いままで親のおひざ元でぬくぬくと育ってきていたので、お金に苦労したことがなかったせいもあるのですが、とにかく新人1年目で自分は「お金を稼ぎたい」のだということに気づくのと同時に、ただがむしゃらに頑張っても給料はあがらない、という事実に気づいたのです。

ただこの新人1年目の経験からわたしはかなりの気づきを得たことでその後の人生が変わりました。

  • 「できる新人になりたい」
  • 「おれは金はどうでもいい」
  • 「仕事が楽しければいい」

そう思っているあなた。あなたの心と向き合って、あなたが

「お金を稼ぎたい」人種であれば最後まで読んでみてください。必ずお役に立てる自信があります。

 

彼女の前では極貧生活見せられない

できる新人が彼女について悩んでいる画像できる新人が安月給を嘆く画像

入社1年目は悔しいけど、1人では稼ぐことができません。

とくに私のように理系人間で「俺は金じゃない。研究にいそしむんだ!」などと学生時代に思っていた人間はなおさらです。わたしは社会人1年目ではじめて給料をもらった時に気づきました。

たった20万円そこそこでは、家賃など必要経費を払ったら、大好きな焼肉を週に1回食べるのが関の山ということ、しかも彼女とデートでもしようものなら、普段の生活は極貧生活をしなければならないという事実を。

 

理系だからこそ理屈を考え現状の最善策をとってみた

できる新人が現状の最善策を練ってみた画像できる新人がまず考えてみた出世について宣言してること

短絡的な私はまずは出世してとにかくこの月給をあげることを考えました。なにせ私は理系人間。まじめを武器としてきた人間なので、会社内でよい成績を残す、もしくは「こいつはできる」とおもわれるようになり、給料を上げることを考えました。

とにもかくにもお金を稼ぐことさえよく分かっていない状況でもあったので、では、まずは会社の人の言うことを聞くしかない、そんな状況でした。まずは「できる新人」になり、「給料を上げていく」そんなことがわたしのプランでした。

 

「まずはできる新人と評価されたい」

 

毎日忙しくて言われることを毎日こなすだけで目一杯。しかも、新人だから慣れなくて仕方ないと思うけど、なぜか皆から悪く言われることも。

また、定時で帰ろうとすると「最近の若者は・・・」とはじまる。配属された先では同期も同世代もいなくまさに四面楚歌。

別の場所に配属された同期は、はじめっから放置状態だとか。。。新人で放置されることもある、と聞いたことがあるけどまさか同期がそうなるとは。。。

やれやれブラック企業なのか?と思う反面、私の場合体育会だったこともあり、ある程度のことは我慢できる。なにせ目標はお金を稼ぎまくること。

 

まずは年収1000万。

 

しかし、半年たった時に気づきました。
一生懸命死ぬほどがんばっても、半年では給料は上がらないのです。そう。私の会社は1年に1回しか昇給のチャンスはなかったのです。

これって普通の会社なら当たり前といえば当たり前なのですが、じいさんになってから、ポルシェにのったり週末に北海道の時計台をみてそのあとディナーにいったり九州・福岡の中州にいって屋台を楽しんだりしたいわけではなく、20代もしくは最低でも30代でそうした生活をしたかったのです。わたしは今まで全く興味のなかった会社の業務規則や会社の組合の給料に関する記事を読み漁りました。

できる新人が将来手に入れたいタワマン

 

結論は、30代で私はどんなに出世したとしても今の会社では年収1000万にも届かないという事実。この会社でどんなに頑張っても30代では私の目標とすることができないということがわかりました。

仕事をしていれば評価が上がり、給料もあがると短絡的に考えていた私。しかしよく調べると、そもそも会社の上司の給料と自分の給料の差なんて月にしたら10万円も変わらない。

仮にその上司と同じ給料になったとしても、年収1000万には程遠い。そのことに気づいたときに仕事は仕事で頑張るけど、もっと必要なことがあるのではないかという疑問がわいた。

学生のころ就職活動時でも、給料の「き」の字もみずに就職活動を行っていて学校の先生の推薦におもむくまま就職してしまった私。実際、そのころ友人のなかでは、まずは給料をみて将来の年収なども考えて会社を選んでいたやつもいましたが、その時の私はただただ、「お金のために働くなんてはしたない」くらいのことを思っていました。

そんな私だったからこそ、現実にぶち当たっていました。言い方は極端ですが、楽園行きのバスに乗っていると思っていたら65歳までの保証付き 社畜用のバスだったということです。そのバスの中でどうもがいても行先は変わらないのです。

 

人生のバスを乗り換える転機とは?

できる新人が、人生を変える決断をした画像できる新人が年収と向き合った画像

こうしたことに気づき絶望感にさいなまれていた私がたまたま知り合った方から聞いたことが次のこと。それは、

「あなたの付き合っている人の平均年収があなたの年収になる」ということ。

いま、あらためてこの時のことを思い返すと「お金を稼ぎたい」のであればポイントはホント、このことにつきます。自分が年収1000万円プレイヤーになりたければ、自分の知り合いを1000万円円プレイヤーで固めるべきなのです。

ここで注意したいのが、変な情報商材や怪しい株式投資の話などにのっかること。「今すぐ儲かります。」「あっという間に資産が3倍」などという言葉に騙されてはいけません。世の中そんなうまい話は絶対にないのです。

もしそんなうまい話があれば、そもそもその手法を1,2万円といったお金で販売するわけはないですし、仮にあったとしても皆が同じ手法を行った瞬間にその手法はもう使えない古い手法となってしまいます。

だから、短絡的な方法は避けるべきなのです。「自分のつきあう人間を例えば平均1000万円の人たち」にしたとしても、すぐにあなたが年収1000万円になるわけではありません。だけど、あなたが毎日もしくは毎週そうした年収1000万円の人と話すことであなたは自然に年収1000万円の人たちの考え方がインストールされていきます。

ポイント

「あなたの付き合っている人の平均年収があなたの年収になる」

  • FXであっという間に3倍
  • 株で一晩で2倍
  • 仮想通貨で一儲け!

こうした短絡的な話に乗っかるのもいいですけど、事実、わたしはすべてこうしたことをやってきました。だけど得たものは、こうしたことで短絡的に稼ぐことはできない、という事実です。こうした情報教材と投資に最低でも500万円はつぎ込みました。だけど、得たものは劇的に減った銀行通帳の残高記録だけでした。

  • FX 一週間で▲100万円
  • 株 大暴落で▲300万円
  • 仮想通貨  ▲100万円

だけど、こうした経験があるからこそ、
わたしは、まずは「つきあう人間の幅をひろげてちょっと意識的に年収の高い人と多く話してみよう」という発想にいたりました。

 

行動を変えてみた結果

できる新人が新たな可能性を見つけた画像できる新人が気づいたら年収が1000万円超えてた画像

気づいたら年収1000万円突破。
何が変わったかというとマインド。

マインドって、すぐに結果がでるわけではないから軽視しがちですけど、マインドが変わると結果がいつの間にか変わってくるって感じ。

「気づいたら年収1000万円突破」

これって、ホント気づいたらという感じだったので歓喜しかありません。

うまく言えないけど、パソコンならウィンドウズ95だったものがいつの間にかウィンドウズ10になっていたという感じでしょうか。

アイフォンであればiOSがいつの間にかバージョンアップしていた感じ。古いOS上ではいくらいいアプリがあっても上手く動いてくれません。

同様に、人間でも今まで気づきあげた稼ぐということを頭に入れていない行動様式では、結局いい話を聞いたとしてもピンとくることもなく、素通りしてしまうのです。

数学でいえば、掛け算ができないまま、中学生になってしまっていくら数学の勉強してもそもそも掛け算ができないから、いくら勉強しても成績があがらないようなものです。

ということでまずは自分のOSの能力をあげるために、自分の周りのつきあう人を少し変えてみましょう。

ここで、ひとつ重要なこと。稼いでいる人は行動がはやいです。今日わたしが、このように「つきあう人を変えてみましょう」といったらたぶん明日までに何らかの行動をしています。

その行動力が多くの稼いでいる人の共通点でもあるとわたしはおもっています。
ぜひ、何かしらの行動をしてみてください。

 

私のきっかけ

できる新人、伸びる新人がきっかけを紹介する画像できる新人の伸びる新人となったのを紹介している画像

さて、わたしが「あなたの付き合っている人の平均年収があなたの年収になる」という話をしてくれた方と出会うきっかけとなったのがあるセミナー。わたしは、こうした場で質疑をやりとりして講師の方に名前を覚えてもらい、直接あってお話させていただきました。お会いしたのはちょっとしたオフライン懇親会だったのですが質疑などをよくしていたおかげで私の名前を知ってもらっていました。

そして、またこのときにわたしに、「あなたの付き合っている人の平均年収があなたの年収になる」という大事な法則を教えてくれたのでした。セミナーの内容はお金を稼ぐという内容ではあったのですが、その内容よりも、その懇親会を通してこの方と直接お話しできたこと。そして、その方の考え方をその後もインストールさせていただけるようになったことがその後の人生を変えてくれました。

そして、さらに、そのセミナーで出会った幾人かの人といまでもつながりがあり、そうした人たちの行動力に感化されて自分もいま行動しつづけていること。そして気づいたら1000万円を超えていたことなどが、現在の結果であり、行動してよかったとおもうことです。

できる新人伸びる新人が手にするポルシェ

はじめの動機が、タワーマンションの屋上にすみ、ポルシェに乗ることだったのでまだまだ、稼がなくてはなりません。だけど、知り合いでタワマンに住み、ポルシェではないけど別の高級車に乗っている方がいるので、自分にできないことだとは、ぜんぜん思いません。

自分にもできる、そう思えることが自分がなりたい年収の友達を増やす最大のメリットなのかもしれません。日常のなかに、稼ぐことが普通な人が増えるとホントなぜだか稼ぐことが簡単に思えてきます。そして自分では気づきませんが、普段の行動や考え方も稼ぐほうへとシフトできているのだと思います。

まとめ

できる新人が最後のまとめを紹介する画像できる新人・伸びる新人が最後に話すOSアップデートの話

いかがでした?

「できる新人と思われたい」そんな新人1年目の思いから、気づいたら、年収1000万円突破してた私の話でした。

「できる新人と思われた」実は自分の本心は何なのか? その答えが「お金を稼ぐ」ということであれば、本日お話したように、「あなたの付き合っている人の平均年収があなたの年収になる」ように、友達の輪をひろげていき、自分のOSをアップデートしてみてください。

次はあなたの番です。
わたしの伸びるきっかけを与えてくれた人と出会えたのはこちらのセミナー

>>今なら無料のオンラインセミナー動画あり

※会社を辞めなくてもOSが変わるだけでお金が寄ってきます